ドラフト候補

【ドラフト候補高校生2018】吉田輝星はプロ入り後大成するか!?実は挫折を味わった偉大な投手たち!ダルビッシュ有、大谷翔平、田中将大

(確定情報)

吉田輝星 
北海道日本ハムファイターズ 1位指名

プロ入りおめでとうございます!!

ドラフト会議2018球団別指名選手

吉田輝星選手の今回の活躍は
想像を超えるドラマを生みました。

未経験者もいる金足農業高校で甲子園
決勝の舞台まで勝ち上がった。

大阪桐蔭に敗北した後涙を流す吉田の
姿がテレビに映し出されていた。

労いと今後の活躍に期待した記事です。

⇒【金足吉田の唸るストレート




投球回

ネット上では吉田選手の投球回が
物議を醸している。

因果関係は定かではないが
甲子園で投げ続けてプロ入り後
苦しんでいる選手は何人かいる。

松坂大輔選手や斎藤佑樹選手だ。

彼らは甲子園でひたすらマウンドに
経ち続けた。

悪いことではないが、成長段階の高校生
にとって、あまりに負担が大きいのでは
ないかという声があがっている。

しかし本人曰く、疲労もピークであった
日大三との試合が自己評価が一番良い。

全力投球をしなくても
少し間を取りながら投球を組み立てて
変化球を多投しストレートでねじ伏せ
アウトの山を築いた。

秋田大会から甲子園までずっと一人で
投げ続けた大エースは本当に逞しい。

投げなかったことにはできない今。

ケガをしないよう、ケアをして
ゆっくりプロ入りに備えてほしい。

⇒【ストレートの投げ方
⇒【室内でできる基礎練習

挫折

テレビやニュースサイトで涙を流す
吉田選手を見てもらい泣きした人も
多いのではないでしょうか。

大阪桐蔭は最強だと謳われていた
今大会ですが吉田選手の涙を流す姿から
負けたくなかった、悔しさが
強く感じられました。

強い人間であればそれでも平然として
いられるかもしれません。

一般的なメンタルで平然を保てるのは
心のどこかで負けると分かっていて
強いチームと対戦したことだけに
満足してる場合ではないでしょうか。

吉田選手の気持ちが例え強い相手と
戦おうとも、『勝ちたい』とより
高いレベルに設定されているため
溢れ出た涙ではないだろうか。

しかし、挫折は諦めない限り
失敗ではない、同じ『敗け』でも
ただ敗北しただけだ。

実際に今メジャーで活躍する大投手は
挫折を味わっている。

⇒【板東英二は甲子園の怪物だった?




偉大な敗北者

実際に挫折を味わった選手は
既に海を渡っている選手の中にも
たくさんいる。

まずダルビッシュ有選手。

高校時からスター的存在で
東北の地に初優勝を齎すと期待された。

2年春から4季連続で甲子園出場を
果たしているが、優勝はできなかった。

2年夏は決勝で常総学院に敗れ準優勝、
3年夏は千葉経大は延長の末敗れ
ダルビッシュ自身が最後の打者となった。

そして同じ境遇を思い出される
駒大苫小牧田中将大選手。

ハンカチ王子と呼ばれた
斎藤佑樹率いる早稲田実業と対戦。

延長の末決着が着かず再試合となり
最終的に3-4の激闘の末敗北。

この時も田中将大が最後の打者であった。

彼はメンタルが尋常になく強いので
敗けあとも清々しい顔だったのは
記憶に残る。

大谷選手に至っては、先発投手として
登板した3年春の甲子園では初戦で
大阪桐蔭に大敗を喫している。

3年夏に甲子園に出場することはなかった。

⇒【ダルビッシュ選手活躍の裏側
⇒【甲子園の応援曲の変化

まとめ

偉大な選手達も華々しい高校時代を
歩んできたわけではない。

健闘し、敗北しそして強くなり
ここまで這い上がってきた。

田中将大は甲子園の後の国体で
再度決勝で早稲田実業と対戦し
敗北を喫し、2度挫折を味わっている。

吉田選手は今回の壮大な壁に
ぶちあたって経験を武器に
プロの道に進むことはもちろん
その後、球界を代表する投手に
なることを期待している。

ドラフト会議2018球団別指名選手

⇒【全国有望選手プロフィール:野手
⇒【全国有望選手プロフィール:投手

【こんな記事も読まれています】

⇒【糸井の天然伝説エピソード
⇒【位田遼介など関西の高校生
⇒【平尾奎太を苦しめた病気とは
⇒【岡野祐一郎の彼女は久慈暁子?
⇒【柿木など桐蔭の3投手について
⇒【糸井の4番固定説に金本が待った
⇒【今秋ドラフト注目吉川峻平選手
⇒【大阪桐蔭柿木名前の読み方は?




野球好きにオススメのアプリ
実況パワフルプロ野球

実況パワフルプロ野球

KONAMI無料posted withアプリーチ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です