ドラフト候補

河野竜生投手(JFE西日本)鳴門高で甲子園出場!【ドラフト候補社会人2019】

河野竜生投手

河野竜生投手は即戦力の投手が必要な阪神からの1位指名が有力視されています。

その理由にも阪神2軍打線を封じ込めたいという実績がある。

鳴門高校時代には甲子園出場も経験している実力者。

そんな河野選手について徹底解説します。

河野竜生選手のプロフィール

名前:河野 竜生
読み方:かわの りゅうせい
ポジション:投手
投打:左投左打
経歴:林崎小(林崎スポーツ少年団)⇒鳴門第二中⇒鳴門高校⇒JFE西日本
出身:徳島県
生年月日:1998年5月30日
身長:171㎝
体重:81kg
(投手)
最速:151km/h
変化球:スライダー・チェンジアップ・スローカーブ・ツーシーム

河野竜生選手の略歴

林崎小(林崎スポーツ少年団)で野球を始める。

鳴門第二中では軟式野球部に所属。

鳴門高では1年夏の選手権予選からベンチ入りし、先発として起用され、甲子園も出場、初戦敗退。

2年夏も甲子園出場するも、初戦敗退。

3年春の大会と夏の甲子園では球速145km/hを計測。甲子園はベスト8へと導いた。

高校卒業後はJFE西日本へ入社。

1年目から都市対抗戦に出場。

2年目は日本選手権に出場し、3試合完投、内2試合完封という好成績を残し敢闘賞を受賞。

今年の9月に鳴尾浜で行われた阪神2軍とのプロアマ交流戦に先発し、
阪神らプロ11球団25人のスカウトが視察する中、堂々としたピッチングで阪神打線を封じ、注目を更に集めた。

河野竜生選手の特徴

左投げでコントロールが良く安定感があり、制球力もある。

また右打者内角に投げ切れるストレートが持ち味。ストレートの球速は常に140km/h台。

スライダー、スローカーブ、ツーシーム、チェンジアップと変化球を操る。

度胸がある投球と、完成度も高いと高評価で注目を集めています。

河野竜生選手の交友関係

鳴門高校時代のチームメイトには2020年ドラフト候補として注目される中山晶量投手(明治大学)がいる。

また河野選手には兄弟がおり、兄が鳴門高⇒明治大に進み、現在は日立製作所に所属。

河野竜生選手のスカウト評価

ヤクルト・岡林洋一編成部課長の言葉
 「21歳とは思えないピッチング。高校時代から甲子園を通じて大舞台でのマウンド経験が豊富で、打者を見た駆け引きが可能。これは、本人が積み上げていくしかない能力なんです。社会人トップレベルで即戦力」

中日・米村チーフスカウトの言葉
 「今年の左腕でナンバーワン。左でコントロールがいいから、勝ちを計算できる。十分な1位候補。外れには残らないでしょう」

広島・白武スカウト部長の言葉
 「21歳なのに(雰囲気が)ベテランみたい。(1位候補の)12人の1人に入ってくる」

オリックス・古屋編成部副部長の言葉
 「キレがいい。(ドラフト)上位に入ってくる」

ロッテ・黒木スカウトの言葉
 「もちろん上位候補。(ドラフト候補に)左腕が少ないので、評価は高くなってくる」

西武・渡辺久信GMの言葉
 「悪いなりにゲームをつくれるクレバーさがある。(ドラフトで)上の方の選手では」

野球好きにオススメのアプリ
実況パワフルプロ野球

実況パワフルプロ野球

KONAMI無料posted withアプリーチ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です