プロ野球

プロ野球!!試合結果お届けします【6月9日】~阪神の植田海選手は鳥谷敬選手を超えられるか~

6月9日の試合結果をお届けしたいと思います。
交流戦も後半戦です。セパ両リーグのペナントにも動きがでてきていますね。
最下位に転落してしまった巨人の動向はいかに。
また、本日は阪神での出場機会がグングン増えている植田選手についてクローズアップします。

プロ野球試合結果

甲子園
阪神 3×-2 ロッテ
勝 能見 1勝2敗0S
負 南 1勝1敗0S
本塁打
神 福留4号(1回裏ソロ)
ロ 

東京ドーム
巨人 8-5 西武
勝 田原 2勝0敗0S
負 多和田 7勝2敗0S
本塁打
巨 坂本勇7号(7回裏3ラン)阿部4号(8回裏3ラン)
西 外崎6号(4回表ソロ)中村1号(8回表ソロ)浅村13号(9回表)

神宮
ヤクルト 7-3 オリックス
勝 カラシティー 4勝0敗3S
負 ディクソン 0勝5敗0S
本塁打
ヤ 中村2号(1回裏3ラン)
オ 

横浜
DeNA 4-3 日本ハム
勝 エスコバー 2勝2敗0S
負 西村 1勝2敗1S
S  山崎 1勝1敗12S
本塁打
D
日 横尾5号(2回表ソロ)近藤6号(6回表ソロ)中田14号(6回表ソロ) 

ナゴヤドーム
中日 3-0 ソフトバンク
勝 ガルシア 7勝2敗0S
負 バンデンバーグ 4勝5敗0S
本塁打
中 福田5号(6回裏ソロ)
ソ 

マツダスタジアム
広島 2-1 楽天
勝 ジョンソン 4勝2敗0S
負 則本 4勝6敗0S
S  中崎 0勝0敗16S
本塁打
広 松山5号(7回裏2ラン)

最下位巨人!!常勝軍団を取り戻せ

巨人が6月8日最下位に転落した。
6月以降での巨人の最下位転落は12年ぶりだ。
すでにデーゲームで5位のヤクルトは勝利しているため、ゲーム差を広げたくはない。

このままでは終われない巨人は、百獣の王に食らいつく。

先制したのは巨人、1回裏の攻撃。
4番岡本が二死二塁、カウント2-1からセンターへのタイムリーヒットを放ち1点先制。
続く3回裏、またしても岡本が一死一二塁、カウント3-2からセンターへのタイムリーヒトで2点目。

追いかける西武は4回表、外崎のホームランで1点を返すと
6回には、浅村凡退の後、山川、外崎連続出塁で迎えるは6番森。
カウント2-2からライトへの走者一掃逆転タイムリツーベースヒット。

読売巨人軍の誇りにかけて、これでは終われない。

7回裏巨人の攻撃。
2アウト一二塁で迎えるはここまでノーヒットの坂本。
初球ボール球を見送り、二球目を振りぬき
左中間スタンドへ飛びこむ逆転スリーランホームランを放った。

西武は8回と9回にそれぞれソロホームランで追い上げを見せるも反撃はここまで。

意地のジャイアンツが勝利を収めた。

阪神植田選手!走攻守揃ったユーティリティープレーヤー

阪神の植田選手をご存知でしょうか。
現在阪神の遊撃手に定着しつつある植田選手ですが
2014年ドラフト5位で高卒選手として入団している。

鳥谷選手の後継として、遊撃守備就いていたのは大和選手や北條選手が多かったですが
大和選手がDeNAへ移籍し、北條選手が調子を落としており
植田選手の出場機会が増えています。

守備の評価としては、捕球からスローイングへの動きがかなり柔軟で早くどんな打球にも対応できると高評価だ。

また足に関しても50メートル5.8秒の俊足で
2016年シーズン終了後のWBSC U-23ワールドカップでは9試合で通算6盗塁を決め同大会の盗塁王に輝いている。

また、今年の5月30日のソフトバンク戦にてシーズン10盗塁を記録した。
阪神の高卒4年目以内の選手が10盗塁以上記録するのは、新庄選手以来25年ぶりになります。

まとめ

最下位脱出はできなかった巨人だが、パリーグ1位の西武から勝利を勝ちとれたのは大きかった。

若き4番岡本の2打点と、ベテラン2人の逆転、ダメ押し弾で勝利をものにした。

また、阪神タイガース高卒4年目の植田海選手からも目が離せない。
その守備力は去年まで阪神にいた大和に匹敵すると言われている。

明日の交流戦も目が離せない。

POSTED COMMENT

  1. […] ・植田海選手 阪神に所属。本サイトでも取り上げたことがあるイケメン選手ですが、特定の情報はキャッチできておりません。 ただ、インタビューで「倉科カナさん」がタイプだと答えていました。 笑顔の素敵な女性が好きだそうです。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です