ドラフト候補

齋藤友貴哉選手!横山雄哉選手とは高校の同期!桐蔭横浜大からドラフト指名漏れも今年こそは

(確定情報)

齋藤友貴哉 
阪神タイガース 4位指名

プロ入りおめでとうございます!!

ドラフト会議2018球団別指名選手

現在、ホンダでドラフト指名の可能性も高い選手として齋藤友貴哉選手がいる。
ここまでの経歴や、交友のある選手そしてスカウトの評価までを
ご紹介していきます。
それではプロフィールから見て行きましょう。

齋藤友貴哉選手のプロフィール

名前:齋藤 友貴哉
読み方:サイトウ ユキヤ
生年月日:1995年1月5日(23歳)
身長:184cm
体重:92kg
出身:山形
経歴:山形中央高等学校⇒桐蔭横浜大学⇒ホンダ
ポジション:投手
投打:右投左打

山形中央高等学校時代は目立った実績は出せていない。
甲子園出場経験はなく、県大会準優勝が最高成績で2年夏に経験しているが
ベンチ入りするも試合出場はなかったようだ。

桐蔭横浜大学では
大学4年間で通算16試合に登板し、6勝6敗105回を投げて防御率2.31であった。
また、6勝のうち実に5勝が完投というスタミナの持ち主であった。

ホンダでは1年目から公式戦に出場し、都市対抗野球大会では2回戦に登板し2回1安打1失点、4奪三振に打ち取った。

齋藤友貴哉選手の交友関係とドラフト指名漏れ?

前述した経歴の中で、どういった人たちと関わってきたのでしょうか。

まずは山形中央高等学校ですが、ここでは2014年のドラフトで阪神タイガースに入団している横山雄哉選手と同チームでした。
横山選手がエースとして君臨していたため齋藤選手には公式戦での出場機会が回ってきませんでした。

さらに桐蔭横浜大学では、現在日本生命で同じく社会人野球で活躍している高橋拓巳選手と同じチームでした。
齋藤選手は、4年春から高橋選手に次ぐ先発として、活躍していました。

また、齋藤選手が2安打7奪三振の1-0に封じ込め初めて完封勝利を記録した
横浜商科大学との2回戦では、現在JR東日本で活躍している平木龍世と投げ合っている。

大学での活躍もあり、ドラフトでの指名も予想されていましたが
齋藤選手はホンダへの就職が決まっていたため
「4位以上での指名ならプロ、それ以下ならホンダへ進む。」
と事前に条件を出しており、指名に至らなかったと考えられています。

選手としての特徴とスカウトや周囲の評価は

184cmの92kgと恵まれた体格にスリークォーターで投じるマックス153km/時のストレートが武器。

変化球としては、130km/時を超えてくる縦に変化するスライダーとスプリットを操る。

スカウト陣からの評価としても、ストレートの評価が高く
巨人「まっすぐにキレがあっていい。これだけ投げられる人はなかなかいない。」
と好評。

また投手としても
広島「大学時代よりも力強さがある。」
ヤクルト「アマチュアでもトップクラス。(ドラフト1位の)12人にも入る。」
と語られている。

また今年の3月の3月13日の試合では日本12球団のスカウト陣だけでなく
メジャー球団のフィリーズも視察に訪れていた。

高校で仕上がる選手もいる中、齋藤選手は高校⇒大学⇒社会人と着実に力を付けている。

まとめ

高校時代では、目立った実績のない控え選手ではありましたが
進学、就職を駒を進めるたびに、プロへの道は近づいている。

高校時代のエースも今阪神で苦しんでいる。
大学時代の仲間や、戦友も今年のドラフトでプロ入りする可能性もあるだろう。

ここで逆転の華を咲かせて、プロ生活なるべく長く舞い散りたいものだ。

これからの動向に注目しましょう。

野球好きにオススメのアプリ
実況パワフルプロ野球

実況パワフルプロ野球

KONAMI無料posted withアプリーチ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です