ドラフト候補

勝野昌慶選手のドラフト指名なるか!三菱重工名古屋所属!巨人のスカウトなども注目!!

(確定情報)

勝野昌慶 
中日ドラゴンズ 3位指名

プロ入りおめでとうございます!!

ドラフト会議2018球団別指名選手

高校まで脚光を浴びることは少なかった勝野選手。
そんな勝野選手も2度目のドラフト指名のチャンスが近づいています。

勝野昌慶選手のプロフィール

名前:勝野 昌慶
読み方:カツノ アキヨシ
生年月日:1997年6月12日(21歳)
身長:183cm
体重:89kg
出身:岐阜
経歴:土岐商業高等学校⇒三菱重工名古屋
ポジション:投手
投打:右投右打

マックス151km/時の直球を武器に3種類の変化球を操る。

土岐商では1年夏からベンチ入り。3年夏の県大会初戦で7回10K完封、左越え先制3ランを記録し、視察に訪れた巨人スカウトから評価を受けた。県大会準優勝、東海3回戦が最高成績で甲子園経験は無し。

その後、三菱重工名古屋に就職。1年目から公式戦に出場。 侍ジャパンにも高卒1年目から選出され、10月末開催のU23ワールドカップに参加している。

特徴深堀!高卒3年目で151km/時をマーク

最速151キロの直球が最大の武器。
2017年は苦しい1年を過ごした。5月のベーブルース杯争奪大会で、抑えとして9回の1イニングを投げた際に右肘が悲鳴を上げた。
怪我による夏の都市対抗全戦欠場を乗り越えようやく復帰できたのが9月の日本選手権予選。
その後は意識を変え、体のケアにも時間を割くようになった。
勝負の年は新フォーム、上体の力に頼っていた昨年までの投げ方から、スムーズに平行移動するフォームに変えた。

常時130‐140km/時の力のある直球と、120‐130km/時のスライダー、110km/時台の縦のカーブ、130km/時のフォークボールを操る。
ストレートを武器とする力投型の右腕で、内角を突くピッチングが持ち味だ。

ドラフト指名解禁!注目のスカウトの声は

高卒1年目からエース格としてマウンドに上がってきたの勝野選手。
いよいよドラフト指名解禁迫る、勝負の3年目を迎えた。
本人は「行けるならドラフト1位でプロに行きたい。全ては結果。結果を残せば順位は勝手に上がると思う」と意気込み
自身の評価としては「物おじしないのが持ち味。真っすぐでどんどん押していきたい」と語る。

スカウトの評価はいかに。

中日「高卒3年目とは思えない風格があり、投げる前からオーラがある。高低、内外の投げ分けができ、変化球もいい。上位候補でしょう」
巨人「終盤まで力強い真っすぐを投げられる」

まとめ

勝野昌慶選手について、知って頂けたでしょうか。

野球に勝つと言わんばかりの苗字の勝野選手。
勝ちへのこだわりは人一倍強い選手。

その先にはプロ入りが見えているかもしれない。

野球好きにオススメのアプリ
実況パワフルプロ野球

実況パワフルプロ野球

KONAMI無料posted withアプリーチ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です