ドラフト候補

東妻純平(智弁和歌山)進路は!?ロッテ指名か!?【ドラフト候補高校生2019】

東妻純平選手の進路が気になります。

ロッテからの氏名も噂されています。

東妻純平選手のプロフィール

名前:東妻 純平
読み方:あづま じゅんぺい
ポジション:捕手
投打:右投右打
経歴:紀伊小⇒紀伊中(紀州ボーイズ)⇒智弁和歌山
出身:和歌山県
生年月日:2001年7月3日
身長:172cm
体重:74kg
50m走:6秒3
遠投:125m

東妻純平選手の略歴

紀伊小1年から野球を始め、中学に所属していた紀州ボーイズは全国大会に出場している。

当時のポジションはショート。

智弁和歌山に進学すると当時の高嶋仁監督の指示からショートから捕手に転向し、1年の秋から正捕手としてレギュラーの座を掴んだ。

1年夏からベンチ入りを果たし、甲子園にも出場したが、2回戦敗退。

同年秋は県大会優勝し、近畿大会準優勝を果たす。

2年の春の大会では準決勝に大きく貢献した。

夏の大会では県大会優勝し、甲子園出場するも初戦敗退。

秋の大会では新チームの4番とし出場し、ベスト4の結果を残す。

3年の夏の大会では甲子園に優勝候補の1校として出場を果たすも奥川恭伸擁する星稜高校に3回戦敗退。

東妻純平選手の特徴

遠投125mの強肩を活かした素早い2塁送球が強みである。

2塁送球は最速1.8秒というプロ野球トップクラスのレベル。

また打撃では4番も務め、ホームランも打てる。

50m走6秒3と走攻守が揃った将来が期待できる選手である。

東妻純平選手の交友関係

2018年ドラフト千葉ロッテ2位指名の東妻勇輔投手(当時日本体育大)が5歳上の兄である。

また智弁和歌山の新監督は元プロ野球選手の中谷仁捕手から直伝の配球指導を受けている。

1年先輩に林晃汰(2018年ドラフト広島3位指名)がいる。

東妻純平選手のスカウト評価

巨人・長谷川国利スカウト部長の言葉
 「体は大きくないが、走攻守がそろっている。経験も豊富で、試合中に読んでやっている」
 「試合の流れを読むことができる」

ロッテ・松本球団本部長の言葉
 「高校生の捕手ではNO1。5季連続出場の経験から、周りを見てゲームをつくれている」

ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスクの言葉
 「(東妻の二塁送球最速タイム1秒85に)本塁打を打てたし、肩も強い。魅力的な選手。打つ方も力強い。将来プロでレギュラーでいける選手」

オリックス・古屋編成部副部長の言葉
 「長打も打てるキャッチャーとしてはNO・1。高校生キャッチャーがほしいところは当然候補に入る」

ソフトバンク・永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長の言葉
 「(身長172センチで)体は小さめだけど、打撃に力もあるし、動きも速い。ウチの(甲斐)拓也っぽいです」

阪神・渡辺スカウトの言葉
 「ホームランは、彼のポイントに来たと思いますが、1球で仕留められたことは評価できる。捕手としても中谷監督から指導を受けているし、大きな舞台にも慣れている」

野球好きにオススメのアプリ
実況パワフルプロ野球

実況パワフルプロ野球

KONAMI無料posted withアプリーチ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です