ドラフト候補

佐藤都志也(東洋大学)聖光学院高出身の強肩捕手、メジャーや球歴について【ドラフト候補大学生2019】

佐藤都志也(東洋大学)聖光学院高出身の強肩捕手、メジャーや球歴について【ドラフト候補大学生2019】

佐藤都志也選手は今年のドラフト候補の大学生です。

球歴としては、平六小5年時からみまやスポーツ少年団でソフトボールを開始し、平二中では軟式野球部に所属していた。

その後、聖光学院高に進学し甲子園出場も果たしている。

現在は東洋大学に所属し強肩キャッチャーとして活躍。

マンガ「MAJOR(メジャー)」に登場する佐藤寿也とは異字同音で同じポジションである。

生年月日はメジャーの連載開始よりも遅いため、モチーフにしている可能性もないとも言えない。

佐藤都志也選手のプロフィール

名前:佐藤都志也
読み方:さとうとしや
ポジション:捕手
投打:右投左打
経歴:平六小(みまやスポーツ少年団)⇒平二中(軟式野球部)⇒聖光学院高⇒東洋大学
出身:福島県
生年月日:1998年1月27日
身長:180cm
体重:77kg
50m走:6.0秒
遠投:110m

佐藤都志也選手の略歴

平六小5年時からみまやスポーツ少年団でソフトボールを開始し、遊撃手や投手を務めた。

平二中では軟式野球部に所属し2年時から現在の捕手を任されるようになった。

その後、聖光学院高に進学し1年時から正捕手の座を掴み2年夏、3年夏に甲子園出場を果たしている。

結果はベスト8と2回戦敗退。

高校3年時にプロ脂肪届を出すも指名漏れ。

現在は東洋大学に所属しており2年秋には首位打者、2年春秋は一塁手として、4年春は捕手としてベストナインを獲得している。

3年夏は侍ジャパン大学代表に選手されるも、捕手以外での出場が目立った。

打てるという評価は得ているものの本職は捕手、悔しい思いをする。

2019年7月30日時点で通算80安打、通算100安打を目指している。

佐藤都志也選手の特徴

遠投110mの強肩と他のポジションに回してでも打席に立たせたいと思われる打力が魅力。

捕手は自分の打席が確実に回ってこないかぎりネクストバッターズサークルでもレガースはつけたままでいる。

しかし、打つためには「準備」が大切と語る佐藤は必ずレガースを外して自分の打順を待つ。

捕手としての責任感も一流で、3年時は150km/h右腕トリオと言われた、甲斐野上茶谷梅津とバッテリーを組んだが、
打たれたら自分のリードの責任と腹をくくっていた。

本塁から2塁までの到達時間は、1.8秒台から2.0秒前後とかなり素早い。

佐藤都志也選手の交友関係

大学の1学年先輩に150km/h右腕トリオと言われた、甲斐野上茶谷梅津がいる。

高校時代の1学年上に船迫大雅、八百板卓丸らがいる。

佐藤都志也選手のスカウト評価

【打力が威力】
ヤクルトの橿渕スカウトグループデスクの言葉
「(失投を)一発で仕留めた。捕手でこれだけ打てるのは間違いなく上位候補」

楽天の沖原スカウトの言葉
「広角に打てて長打もある。秋山(西武)のようになれたらいい」

【身体能力が高い】
中日の正津スカウトの言葉
「肩が強いし、足も速く身体能力が高い。現時点では東都の数少ないドラフト上位候補」

野球好きにオススメのアプリ
実況パワフルプロ野球

実況パワフルプロ野球

KONAMI無料posted withアプリーチ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です