ドラフト候補

森下暢仁投手(明治大)甲子園出場経験あり!最速151km/hで中日柳の後輩【ドラフト候補大学生2019】

森下暢仁投手(明治大)甲子園出場経験あり!最速151km/hで中日柳の後輩【ドラフト候補大学生2019】

森下暢仁投手は2019年のドラフト候補の大学生だ。

小学6年時から投手を務め大東中3年時に県大会、九州大会を制して全国大会出場した経験がある。

大分商高時代は控えではあったが甲子園への出場経験は持っている。

現在中日で明治大先輩の柳選手同様、最終学年は主将としてチームをけん引している。

フォームはオーバースローで放り出される最速151km/hの即戦力ピッチャーである。

そんな森下暢仁投手のwiki風プロフィールを公開します。

森下暢仁投手のプロフィール

名前:森下暢仁
読み方:もりしたまさと
ポジション:投手
投打:右投右打
経歴:明治小(明治少年野球クラブ)⇒大東中(軟式野球部)⇒大分商高⇒明治大
出身:大分県
生年月日:1997年8月25日
身長:180cm
体重:73kg
最速:151km/h
変化球:カーブ、カットボール、チェンジアップ

森下暢仁投手の略歴

明治小3年生時から明治少年野球クラブで野球を始める。

その後、6年生から投手を務めるようになる。

大東中では軟式野球部に所属し、3年時に県大会、九州大会を制して全国大会出場。

高校は大分商高に進学し、1年生時に内野手として甲子園のベンチ入りメンバーに選ばれた。

2年生時はエースに笠谷俊介(ソフトバンク)がおり、三塁手を務めた。

同年秋からエースを務めるも負傷。

苦しい時期を過ごすことになる。

しかし、森下はスクワットで下半身強化と食事をたくさんとり増量に成功。

一冬で8kg増しの70kgまで体重を増やした。

夏の甲子園は逃したものの、U18W杯に選出された。

高卒でのプロ入りを目指すも、現在中日で東海大相模の小笠原やソフトバンクで県岐阜商工の高橋との力の差を感じ大学進学に方針転換した。

明治大では1年春に神宮デビューを果たす。

その後負傷するも2年春に復帰。

3年時からは歴代エースが背負った背番号「11」を背負うことになった。

3年時はリーグ優勝の夢は果たせず苦渋を飲んだが、4年春の選手権では見事優勝を果たした。

森下暢仁投手の特徴

憧れの投手はドジャースの前田や、楽天岸、巨人菅野の様な先発完投型投手である。

好きな言葉は「ひたむきさ」と語る努力家だ。

高校、大学と故障を経験しておりそのたびに強くなり復活を遂げてきた。

「自分のやることに対して、責任と自覚を持ち、真剣に取り組む」と、一日24時間を大事に使ってきたからこそだと言える。

森下暢仁投手の交友関係

高校の先輩にソフトバンクの笠谷選手がいる。

その他にも自信の力のなさと痛感することとなった、U-18W杯では現在中日で東海大相模の小笠原やソフトバンクで県岐阜商工の高橋と同じチームで戦った。

また大学時代は1学年上の日体大から西武に入団した松本からストレートの質について学び、東洋大からソフトバンクに入団した甲斐野からはスライダー、フォークを学んだ。

森下暢仁投手のスカウト評価

【即戦力】
西武の潮崎哲也ディレクターの言葉
「大舞台で結果を出して、箔もついた。もちろん即戦力。岸に似た感じ(のフォーム)で、ローテーション入りできる投手になるだろう」

DeNAの吉田孝司スカウト部長の言葉
「即戦力投手の中ではNo.1」

オリックスの古屋英夫編成副部長の言葉
「今すぐにでも欲しいくらい」

広島の苑田スカウト統括部長の言葉
「大学NO・1。本当に即戦力。この投球ならば、プロでも1軍のローテーションにも入れるんじゃないですか。フィールディングがいいのも魅力」

ドラフト候補候補2019まとめ

【大人気天然糸井嘉男シリーズ】

⇒【糸井嘉男天然エピソード
⇒【糸井が4番固定されなかった訳
⇒【糸井嘉男の生涯打率3割越維持
⇒【天然糸井の筋トレの秘訣
⇒【天然糸井の脚力がエグイ
⇒【天然糸井炸裂のリアル野球盤とは
⇒【糸井の登場曲の移り変わり
⇒【糸井を全力で応援する応援歌




【こんな記事も読まれています】

⇒【久慈アナの彼と噂の岡野選手!?
⇒【金足吉田のストレートがヤバイ!
⇒【東京ガス臼井浩のプロフィール
⇒【東京ガス笹川晃平のプロフィール
⇒【法兼駿所属のパナソニック

野球好きにオススメのアプリ
実況パワフルプロ野球

実況パワフルプロ野球

KONAMI無料posted withアプリーチ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です